グローバルのスタッフブログ

10月2日 JHSにて地盤調査を行いました。

結果は直接基礎でOKでした( ´∀` ) 地盤の品質保証も安心の20年です!!

長期優良住宅の認定申請書も県庁に提出しましたので、いよいよ基礎工事の着工ですね!

もちろん設計住宅性能評価も標準仕様!

今回も耐震等級は最高等級3を取得しました。断熱性能も最高等級ですね~

外皮平均熱貫流率(UA値)は0.47W/(㎡・K)でした Σ(゚Д゚)

この数値は省エネルギー基準の地域区分5地域(利根町)のZEH基準0.60を軽くクリアしただけでなく

HEAT20(2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)のグレード1(G1)0.48もクリアしております。

*G1とは住宅内最低温度を概ね10℃以上に保つことができて、冬期間の暖房負荷を30%程度削減する事が出来るかなりレベルの高い基準です。

次回は基礎工事の写真をアップしますよ!!

 

 

コメントは利用できません。